常に期待以上の仕事をする。
そんなプラスαの積み重ねに、
応えてくれる会社です。

橋野 一寛 KAZUHIRO HASHINO

西宮部品センター 部品物流課 2018年4月入社

橋野 一寛

PROFILE

前職は段ボールの製造・加工。2018年に期間社員としてダイハツに入社する。業務内容は、担当エリアでのピッキング作業、入庫作業、部品の梱包作業。あわせて他エリアで欠員が発生した際のヘルプもおこなう。2019年10月より準社員、2020年1月より正社員となる。趣味はライブ鑑賞で、東京や博多まで足をのばすことも。思い入れのあるダイハツ車は、はじめて運転した車でもあるMOVE。
※準社員は正社員の試用期間中の呼び名です

STAFFINTERVIEW ※所属部署や掲載内容は、2019年冬インタビュー時のものです。

WHY DAIHATSU? ダイハツの仕事を選んだきっかけは?

橋野 一寛

転職の決め手は待遇の良さ。
安心感に惹かれました。

前の職場では9年半、段ボールの製造・加工の仕事をしていました。あるとき、求人サイトでダイハツ期間社員の募集要項を見て、給与・ボーナス・休暇など待遇の良さが目にとまり、「ここなら安心して働けそうだ」と思ったのが転職のきっかけです。また、前職の工場ではダイハツからの依頼で段ボールにロゴを印刷する作業もしており、親しみもありました。

STEP UP 仕事はどのように教わりましたか?

橋野 一寛

1カ月間の指導を受ければ、
初心者でも問題なくできます。

現場に配属後は、約1カ月先輩に付いてもらい作業します。作業手順、ケガの恐れのある板金部品の扱い方、ミスの防止法など一から説明を受けました。4000品番以上も部品があり最初は苦労しましたが、初心者でも作業しやすいシステムなので1カ月あれば習得できます。
準社員になった際には1泊2日の受け入れ研修があります。参加者は、他工場の同期も合わせて20名弱。6人1組のグループディスカッションもあり、良い刺激になりました。

FIRST WALL 入社後、大変だったことは?

橋野 一寛

足腰への負担はありますが、
環境改善で軽減しています。

倉庫内を歩き回るうえに、棚の下段にある部品をかがんで取り出す作業もあるため、足腰への負担は否めません。そこで私たちは倉庫内のレイアウトをたびたび改善し、歩数やかがむ動作を減らすよう努めています。たとえば、発注の多い部品は手前に、重たい部品は棚の中段に収納するといったことです。私自身も気付いたことがあればその都度意見を言って、みんなが快適に作業できる職場づくりに協力しています。

REWARDING やりがいを感じられるときは?

橋野 一寛

「助かった」の一言がよろこびです。

西宮部品センターには、各エリアの作業量をパソコンで確認できるシステムがあり、忙しそうなエリアを積極的にサポートしています。サポートに対して感謝の言葉をもらえると、とてもうれしいです。以前、残業時間が1時間を超えそうなエリアをサポートし、残業を短縮できたことがありました。「橋野が来てくれて助かったわ」と声をかけられ、達成感とやりがいを感じましたね。

MY POLICY 働くうえで心がけていることは?

橋野 一寛

まかされた仕事プラスαを
意識しています。

私が大切にしているのは、まかせていただいた仕事のさらに上を目指すことです。たとえば作業件数。各スタッフの作業件数を把握できるシステムを確認しながら、1件でも多く数字を重ねられるよう努力しています。もし300分あたりの出庫件数の平均が300件だとしたら、自分は400件・500件を目指す。そうした意識は自身の成長にもつながると考えています。

COLLEAGUE 職場はどのような雰囲気ですか?

橋野 一寛

30名の気さくで明るいチーム。

所属する114組は総勢30名、メリハリのある明るいチームです。上司や先輩との関係も良好で、楽しく仕事ができています。自分より年上の人が多いですが、年齢が離れているから居心地が悪いということはありません。皆さん、私の仕事に対する姿勢をよく見ていてくださり、周りよりも多く作業をしたときは「ありがとう」と声をかけられます。努力を認めてもらえるので頑張りがいがありますね。

PRIVATE オフの時間は、どのように過ごしていますか?

橋野 一寛

収入が安定したことで
趣味にかけるお金が増えました。

休日は好きなアーティストのライブによく出かけています。ダイハツに転職してからは、収入が安定したためライブに行く頻度も高くなりました。東京や博多など遠方のライブへも、交通費を心配せずに足を運べて満足しています。
私は毎日1時間半かけて通勤していますが、ハードに感じないのはリフレッシュできているからかもしれません。有給休暇も取りやすく、プライベートを充実させられる環境です。

OBTAINED ダイハツで得られたことは?

橋野 一寛

日々の業務を通して成長。
2020年1月より正社員になりました。

ほかのエリアを気にしながら働くことで、以前より視野が広がったように感じています。1日でこなせる出庫件数も増え、ダイハツで頑張っていけると確信できたからこそ、職長に「正社員になりたいです」と自信を持って言えました。正社員登用の面接を受け、その場で合格を言い渡されたときは、大変うれしく思うと同時に身の引き締まる思いでした。まだスタートラインに立ったところなので、これからもさらに努力していきます。

MESSAGE 期間社員を目指す方に、メッセージをお願いします。

橋野 一寛

努力次第でチャンスをつかめます。

私自身、9年半勤めた会社を辞めて転職したときは、とても不安がありました。しかしダイハツは、自分の努力次第でチャンスをつかめる会社。正社員への道だって拓くことができます。あなたも不安があるかもしれませんが、ぜひチャレンジしてチャンスをつかんでください。大切なのは「やってみよう」と思う気持ちです。ぜひ一緒に頑張りましょう。