仕事は厳しくても、
楽しく、面白く。
新しい人に必ず言うのは
「楽しくやろう」。

大坪 民治 TAMIDI OOTSUBO

京都工場 製造部組立課 職長 2000年6月入社

大坪 民治

PROFILE

2000年6月期間社員としてダイハツ工業に入社。2001年4月正社員に登用。現在は組立課の職長を務める。思い入れのあるダイハツ車はタント。初期から乗っていて現在で3台目。

STAFFINTERVIEW ※所属部署や掲載内容は、2018年夏インタビュー時のものです。

TRAINING 入社後は、どのように仕事を教わりますか?

大坪 民治

一人前になるまで指導役が付いてフォローします。

新しい方が入ってこられると、経験の有無を考慮して配置を考えます。現在の部署へ入ってこられる方は経験者が多いので以前どのような仕事をしていたかを聞き、クルマの組み付けをする作業なのか前もって準備をする作業をしていたかによって配置を決めます。配置についてからは指導役が付き添い、一人立ちするまで1~2か月かかる方もいますが、2週間ほどの方もいます。どちらの場合も一人ひとりのペースに合わせて教えていきます。組立課の場合は、新しい方は初心者マークを付け一目見てわかるようにしています。その後ろには必ず指導役が付きチェックをしたり教えたりしています。品質面においては、一人前になるまでは本人の責任ではなく指導役がフォローしているのでミスをすることを心配せず、「今していることをしっかり覚えてね」と伝えています。

IMPORTANT THING 仕事をするうえで、大切なことは?

大坪 民治

仲間を作ることが、
仕事に慣れる一番の近道。

この仕事はコミュニケーションが大切なので、まずは仲間を作ることです。初めは誰でも緊張すると思います。自分が入社したときは「バーベキューをするから一緒に行こう」と誘われそこから仲良くなりました。なので「今週、一緒にご飯でも行こう」と声をかけ新しい方が馴染みやすい職場作りに努めています。仕事はいずれ慣れてできるようになりますが、人とのコミュニケーションは第一印象が肝心です。職場の人たちと話すことが仕事に慣れる一番の近道だと思います。

MY STYLE 入社した人に、まず伝えることは?

大坪 民治

「楽しくやろう」ということを伝えています。

入社した方にいつも言うのは「楽しくやろう」「仕事は厳しいけど休憩時間は楽しくやろう。面白くないより面白い方がいい」と。話すのが苦手な人もいるので、できるだけ声をかけに行くようにしています。ただ職長という職位になると緊張する人もいるので、そういう人の場合は指導役の人に「どういうことを話していた?」と聞いて情報を得たり「飲み会にでも誘ってあげてほしい」と声をかけるようにしています。

MY POLICY 人を育てるうえで心がけていることは?

大坪 民治

考えていることを察するため、
顔色を見るようにしています。

一人ひとりの顔色は見るようにしています。ずっと下を向いている人は、「この作業がしんどいな」など何か考えています。これまでにたくさんの作業者を見てきたので朝の表情をパッと見て今日も大丈夫というのはわかります。入ってしばらくは「慣れない」「体力の限界です」と言う人もいますが、初めての仕事なので慣れないのは当然です。こちらもいきなり100%の仕事をしてほしいとは言いません。最初は10~20%の仕事から覚えてできることを増やしていけば大丈夫です。

STEP UP 成長を実感するときは?

大坪 民治

急に仕事ができるようになるときが、
全員にあります。

この仕事は体が慣れるまではしんどいので、入ってきた方には始めに「いろいろなところが痛くなるよ」と伝えます。使ったことがない筋肉を使うので痛くなるんです。それでも急に仕事ができるようになる時が全員にあります。ずっとつまずいていたのに一度できてしまうと、そこから全部できるようになります。急にできるようになってるとこちらも驚き、「そうなんですよ」と本人も驚く時期が必ず来ます。

KNOW-HOW 仕事を覚えるコツはありますか?

大坪 民治

どうすれば早くできるかを考えることが大切。

もう一つ大切なのは“自分で考える“ということです。動きの一連動作“標準作業”というのはきっちり教えます。足の踏み出し方の一歩が違う、体の入れ方が違うなど具体的にも教えますが、自分の体とは違うので教えきれない部分があります。けれど本人が考えながら作業をすることである日できるようになります。それが1週間後の人もいれば2か月後の人もいます。

REWARDING この仕事のやりがいは?

大坪 民治

必ず見てくれている人がいます。

仕事でのやりがいは、結果を出せば認めてくれることです。自分自身、ハローワークで見て期間社員で応募したときは社員になれるとは思っていませんでした。なりたい人がたくさんいるので「なれればいいなぁ」と思っていたくらいですが、社員になり今は職長になりました。きちんと頑張っていれば、頑張った分だけ必ずきちんと見てくれている人がいることがやりがいに感じられると思います。

CHARM OF DAIHATSU 18年間働いて感じるダイハツの魅力は?

大坪 民治

ワイワイ楽しみ、仕事はキッチリ。
メリハリがある会社です。

楽しむときはワイワイ楽しみ、仕事をするときはキッチリ仕事をする。メリハリが付いている会社だと思います。自分たちの職場のメンバーで飲み会やバーベキューをすることもよくあります。ラーメン部を作り定時で終わる日はみんなで美味しいラーメン屋を探して食べに行くなどプライベートでも仲のいい職場です。

MESSAGE 期間社員を目指す方に、メッセージをお願いします。

大坪 民治

やる気があれば、夢が広がるのがダイハツです。

やる気があれば夢が広がる職場です。私の場合は期間社員から社員になりましたがそれも黙っていても声はかからないと思います。自分からアピールすることが大切です。自分の場合は仕事も人一倍頑張り夢が叶いました。もちろん全員が叶うわけではありませんが頑張りをきちんと評価してくれるのがダイハツという会社です。